農作物のカラス対策は難しい

0
    今年はやたらとカラスに梨をつっつかれた。例年にないカラスの多さに頭を悩ますばかりだ。


    なぜ今年は例年になくカラスの数が多いのか?いつも少しは食べられてしまうが今年のようにいつまでも食べられることはなかった。

    それが今年はずっと梨を狙っているよう
    だ。また、集団行動するためここは大丈夫だと認識されるとかなりの被害になってしまう。
    カラスは頭がいいので仲間同士で情報を共有するらしい。


    また、猟友会のメンバーが減っていることもカラスが増えている原因かもしれない。

    そうはいっても、だまってみているわけにもいかず、なにかしら対策をとらなければならない。
    先ほども言ったとうりカラスは頭がいいので、安全だと分かるとすぐに慣れて見破られてしまう。
    また今年の反省点として対策が遅かったこともある。

    カラスに食べられないようにするのは難しいがなんとか被害を軽くしたい。

    コメント
    繁忙期、毎日お疲れ様です。
    そちらでも今年はカラス被害にあっているのですね。家の果樹園だけでないとわかり、ホッとしますよ。カラスはほんと賢くてこまった相手です。
    そろそろ豊水梨の収穫。お互いがんばりましょう。
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:434 最後に更新した日:2017/12/05

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM