あってはいけない感触を腰に感じたその日の出来事

0
    大変な事が起きました。

    なんと私ぎっくり腰になってしまったのです。椎間板ヘルニアになってから10年くらい経ちますが、それ以来の大変な事態です。

    やろうとしていたことがいろいろ出来ずに、ベッドにダラダラと横になっています。

    急に腰にくるぎっくり腰の場合は、患部を暖めるのではなくて冷やすほうがいいのです。
    そして必ず安静にしなければいけません。湿布を貼ってコルセットをつけて安静にしています。

    やろうとしていた仕事がたくさんあるのに、それも出来ずあせるばかりです。


    いつになったらなまりのように重い腰が軽くなるのか、

    ほんと、腰が痛くなってる場合じゃないんですけどね。



    そもそもなんでぎっくり腰になったのか。
    それは、二男と近くのコイン精米をしに行った出来事でありました。

    我が家は30キロの米袋で精米しています。30キロというととても重いのでもちろん腰を気をつけて運びます。

    いつも二袋持っていくので、今回も同じように二袋やりにいったわけです。

    一つ運んで精米しようとしていると二男がその重い米を運ぼうとして前にやっていた人と運びだそうとしているのです。

    8歳にとって30キロはめちゃくちゃ重いので運びだすことなどできるはずがありません。

    私のお手伝いをしようとしている子供の姿に前やっていた人が手伝ってくれていたのです。

    この予想外の出来事に全く腰に重い物を持つと言い聞かせていなかった私は、腰にあってはいけない感触を感じたのです(;゜∇゜)

    くれぐれも、腰には気をつけましょう。突然予想外のことがおきたりするものです。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:449 最後に更新した日:2018/05/09

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM