茨城県筑西市の農業法人で爆発

0
    今日昼過ぎ茨城県筑西市の農業法人セブンファームで爆発がありました。

    工場の屋根が吹き飛び周りの民家の窓ガラスまで割れたようです。

    近隣では停電もおきました。

    メタンガスか何かが発酵して爆発したんだろうか。
    ちょうど飯くって二階に上がろうとしたときそれは起こりました。


    最初地震か何かだと思いましたね。ズドンというかんじでしたから。となり町までこれだけ響くんだからかなりの衝撃です。


    地震じゃなかったので、家のなかのなにかが崩れたかなと思いましたね。
    家の構造の柱でも倒れたのかと。


    いやー_(^^;)ゞこういうこともあるんですね。

    マルソー農園の直売所は8月1日オープン予定

    0




      ミッチェルがこの前マルソー農園に行ってきた。行ってきたと行っても実家に帰っただけだけども。

      ぶどうもぐんぐん成長して今年のできもいいようです。
      マルソー農園直売所では8月1日オープンを予定しています。
      場所はつくば市松野木。かいつかというお芋屋さんのすぐ近くです。


      あと、つくばで人気のパン屋さん。クローンヌの近くです。ここのパン屋はいつ行っても混んでいます。




      摘果が終わらなくてもそれでも草はのびふ

      0
        160606_1200~01.jpg
        摘果が終わってはいないけどそれでも草は伸びてきます。

        写真はトラクターの後ろ姿。ここに草刈りの機械をとりつけてあるのです。

        この時期どんどん草が伸びてきます。草がはえたては軟らかく弱い草ですが、時間がたってほおっておくと硬く強い草になってしまうのです。

        いやー毎日の摘果で疲れがピークにきてる。



        豊水 あきづき摘果!今年は実がなりすぎてるぞ!

        0
          160611_1717~02.jpg
          写真はあきづき梨。今年は受粉時期あたたかかったのか、実がよくなっています。

          むしろなりすぎて摘果が大変大変。めんどくさいのです。

          例年なら今頃一時摘果は終わっているころだが、今真っ盛り!いつもだったら実にならず落ちてしまうようなものでも今年は全部実になっている。

          それは豊作でいいんでないの?とあなたは思うかもしれない。

          だが実を全部ならしておくわけではない。

          全部ならせてしまったら一つ一つの梨が大きく育たなくなってしまうし、木が疲れてしまうからだ。


          どちらにせよ、大量に落とさなければならない。しかもなるべく早く終わらせなければならない。

          しかし、こんな年もはじめてかな。

          今日は消毒を実施。
          フロンサイトSCフロアブルとMrジョーカーを散布した。どちらも2000倍。

          あきづきも久々に摘果したが、新梢がのびだして枝が混んで混んでしょうがないので摘芯も同時に実施。

          この時期には枝も太く硬くなっている。本来ならばもっと早く行えばいいのだが。

          すべての作業に共通してることだけど前に前に進められればいいんだけどね。

          ぶどう ジベレリン処理

          0
            160606_0916~01.jpg
            今日は1日曇り空。
            暑くもなく過ごしやすい。ぶどうシャインマスカットのジベレリン処理を行った。

            久々のぶどうの手入れに普段梨ばかり手入れしているので少し手間取った。
            梨のジベレリンは軸につけるが、ぶどうの場合は液体に浸す。


            ジベショリ終了後はぼーぼーに伸びた草刈りを実施。
            同時進行で豊水梨の摘果も行う。
            もうこの時期になると結構肥大しているのでぼとぼとと実を落とす。

            こうして選ばれた実が皆さんのもとに届くのです。

            摘果は続くよ どこまでも

            0


              幸水梨の仕上げ摘果の最中です。同時進行で豊水梨の摘果も始まりました。

              両手をあげっぱなしの作業でひたすら同じことをする作業の連続です。
              正直この毎日にやんなってきました。

              正確に言うと嫌になったと言うより疲れたっていう感じです。少しくらいの作業ならいいですが、朝から晩までひたすら同じことを毎日することに苦痛を感じるのです。

              それも、ようやく一区切りつくので、少し緩やかになるがもう少しの辛抱と思ってやってます。

              ここまで農業に手間がかかるのは本当に
              いいものを作るためです。手間をかけないといいものが作れないのです。
              作業をさぼると大きい梨は作れません。
              梨をたくさんならせ過ぎてしまうと木を疲れさせてしまって、来年以降に影響が出てきます。

              成長の時期が決まっているので今やらなければならないことがたくさんあるのです。


              そして今早く仕事を終わらせたいと思いながら、疲れてぐったりとしているところです。



              筑波山がよく見える梨園にやってきた

              0
                160603_1033~01.jpg
                毎日幸水梨の仕上げ摘果をやっています。

                日に日に梨の実も肥大し葉っぱもどんどん増えて成長していっています。


                ここからみえる筑波山はいつも見える形だけれどこれが正面だと思ってしまいます。

                他の場所から見える筑波山はなんだかいびつな形に見えるのです。

                住んでいる場所によって馴染んだ山の形がその人の正面だと思うけどやっぱりこの形が筑波山の正面だなと思ってしまうのです。

                幸水梨の仕上げ摘果 ジベレリン処理

                0




                  まだ終わっていません。
                  ジベレリン処理の期間は幸水梨の満開後30日から40日と決まっています。


                  今は45日目くらいになります。

                  猛スピードで仕事を進めてはいるものの、なかなか手間がかかる。

                  あと数日で終わる予定。ちょっとゆっくりしたい。





                  今年初の梨畑出現のあいつとは?

                  0
                    160528_1438~01.jpg
                    そう、答えはノコギリクワガタです。

                    今日はどんより空でじめじめの梅雨のよう。
                    もう梨畑でクワガタを発見しましたよ。
                    今年も暖かいとはいえまだ5月。

                    5月にクワガタって多分今まででは見たことなかったようなきがします。
                    季節が進んでるのかな?



                    とにかく今年もはじめてのノコギリクワガタにはびっくりです。

                    幸水梨のジベレリン処理開始

                    0
                      幸水梨に限ってはジベレリン処理をします。
                      出荷調整を目的に満開30日から40日にかけて実施します。
                      果実の肥大にはごく微量の植物成長調節物質《植物ホルモン》がかかわっています。

                      ジベレリンは果実の果肉細胞の分裂、肥大にかかわっているのです。







                      この限られた時期に行いますが、非常に高価な物なので、摘果を再度行い厳選された果実につけていきます。


                      枝の質を見極めながら大きくなった収穫する梨のイメージを膨らませながら、個数を決めていくのです。


                      満開から30日から40日とは言ってもこの辺りはは幸水梨の栽培面接が多いため結構必死な作業をしています。




                      日に日に枝が伸び、果実が大きくなっていく梨園。



                      幸水梨の摘果も終盤になってきたぞ

                      0
                        いやーっっ今年の梨は玉のつき具合がすごいいい感じです。
                        毎日の暑さで実もぐんぐん育ってます。


                        去年も生育がよく大きめに育っていたのですが今年も劣らずとてもいいのではないかと思います。

                        今年は受粉の時期がすぐに過ぎてしまって遅れてしまったことや強風の日もあったのであまりよくないと思っていました。

                        ところがふたを開けてみると実がたくさんついているので今年は摘果が大変です。




                        作業が去年より遅れていて幸水の摘果がまだ終わっていません。




                        幸水梨 摘果

                        0
                          毎日摘果作業に追われています。

                          摘果の最盛期でどんどん実も大きくなっています。

                          摘果作業は両手をあげっぱなしでの作業なので首、肩 背中、腰に負担がかかります。

                          そのための対策として、ストレッチやマッサージがいいのではないかと思っています。

                          私はバランスボールを使って背中を伸ばしたり、ストレッチをしています。

                          これにより毎日の負担が軽くなるのではと思っています。

                          それからとくに背中を中心にこってしまうので仰向けになり、肩甲骨まわりなどにテニスボールを置いてつぼを刺激しています。


                          この前マッサージをした時に姿勢を指摘されたので、ここを意識しなければと思っています。

                          姿勢の悪さが痛みにつながってしまうので。
                          猫背らしいですね。
                          意識して背筋をのばそうと思います。

                          幸水梨の摘果 作業 真っ只中

                          0
                            160507_1514~01.jpg
                            今日も暑いですね。
                            5月に入ってからは摘果作業に入っています。

                            梨の受粉。その後

                            0


                              だいぶ花が散って葉がでてきました。



                              ほとんどの花が散っていますが、中には遅咲きの花もあります。

                              受粉の時は蕾だったので受粉されていないわけで実はならないものだと思います。

                              摘花作業

                              0
                                160422_1456~01.jpg
                                すっかりと梨の花も散って人工受粉も数日前に終わりました。

                                そして今、何をやっているかというと花をむしっています。
                                実をつけないところは木に負担をかけないためです。
                                もうひとつはこれから実の数を調整する摘果が始まる前になるべく仕事の負担を減らすため今のうちにやっておくという意味合いもあります。


                                幸水梨の受粉

                                0
                                  160412_1318~01.jpg
                                  最初に出た開花予想よりはるかに早く開花が進み、本日最初の幸水の受粉となった。

                                  今日は朝から風が強く予定していた防除(消毒)も途中で断念。
                                  さっさと終わらせたかったが明日へ持ち越しとなってしまった。まあ風が強いのでせっかくの消毒が効果が薄くなってしまう。


                                  風が強い日ではあったが毎日気温が高いため梨の花の成育は待ってはくれない。

                                  ぐんぐん開花し、受粉作業が間に合わなくなってしまう。

                                  そのため強風でも受粉を開始した。

                                  回りの農家も花が散ってしまうため人手を増やしても強行突破していた。

                                  それくらい時間と気温と天気との勝負になる。


                                  梨農家を継いで13年ほどたつが、幸水梨の開花のスピードが私の経験上、もっとも早いんじゃないかと思ってあせっている。

                                  新高梨と豊水梨の受粉

                                  0




                                    今日も新高梨の受粉をしました。
                                    気温は15度あるかないかくらいでした。
                                    昨日よりも風が弱かったので、体感温度は昨日よりも暖かったです。

                                    梵天で一つ一つ花につけていくのです。
                                    あー腰疲れた?
                                    この作業が約一週間続きます。



                                    受粉用の新興梨も少しとりました。
                                    今日で最後かな



                                    新高梨《にいたかなし》の人工受粉実施しました

                                    0
                                      新高の受粉をしました。
                                      この辺りでは《花合わせ》とも呼ばれています。しかし、昼前頃から風も強く吹いていたので断念しました。

                                      気温が低かったり、風が強いのは望ましくないためです。

                                      晴れた風のない穏やかな日が適しています。
                                      なので、途中からまた新興梨のはなつみを行いました。
                                      これも毎日やっていると本当にやんなってくる作業でもあります。

                                      はっきり言って毎日花をむしるのは飽きてきます。
                                      それでも花粉はある程度必要なため今日か明日で最後になるかと思いますが、とり続けました。



                                      にっこり、新高は受粉できる状態です。

                                      豊水も花が開きつつあります。

                                      新高梨が開花しています

                                      0




                                        今日はとても暖かい日だったので花の成長がぐんぐん進んでいました。
                                        新高の花が咲いているので受粉しなければいけないのですが、受粉用の花粉も確保しなければならないため新興梨の花つみをやっていました。


                                        今年は蕾から開花が去年よりゆるやかなのであと何日か新興の花粉をとる作業ができそうです。





                                        人工受粉用の新興梨のはなつみ始まりました

                                        0


                                          昨日から新興梨の花を集めています。
                                          使わなくなった傘に花を摘んでいます。
                                          梨は自家受粉しないので別の品種の花粉を集める必要があるためです。

                                          例えば幸水だけの木では実が結実しないということになります。

                                          この辺りでは新興梨の他にも長十郎や松島などの品種を使い、人工受粉する事が多いです。






                                          蕾が固すぎては花粉が出ないので駄目で、かといって開花してしまって花粉が飛んでしまっても駄目です。

                                          絶妙な短い時期のものをとらなくてはいけないので時間との勝負になります。
                                          また、気温が高い晴れの日は一瞬で開花してしまうので、さらに時間との勝負になります。

                                          今年は去年よりは開花が早くはないですね。去年は一瞬でしたから。




                                          そのあと機械に花をかけます。

                                          それで出来上がったのがこれ。
                                          余分なものを吹っ飛ばします。




                                          そのあとこの機械で一晩寝かし花粉を作ります。



                                          摘蕾作業を行う

                                          0




                                            ピントがあっていなくて申し訳ありません。iPadで写真をとったのだけれど、どうやってピントを合わせるのだ?

                                            これは摘蕾前の写真。



                                            そしてこれが摘蕾後。
                                            違いがわかりますかね。さほど違いがないように思えますが、手で蕾を落としているんです。

                                            養分の浪費と今後の人工受粉、摘果が楽になるように。

                                            梨は開花にとてもエネルギーを必要とするのでなるべく負担をかけないように行います。
                                            開花には前年度に蓄えられた養分である貯蔵養分の力で開花するため、無駄に梨の木に力を使わせたくないのです。

                                            4月2日 梨生育状況

                                            0
                                              前回写真に撮った3日前よりだいぶ蕾の状況が変わってきました。
                                              ここのところ青年部総会の準備や、実施、セミナーへの出席などしていたのでこの蕾の変化にビックリ(⌒-⌒; )

                                              1日1日に変化があり、成長が進んでいます。



                                              豊水梨状況




                                              幸水梨状況



                                              幸水梨では摘蕾ができる状況になってきました。摘蕾とは蕾の数を減らすことです。

                                              手で蕾を叩いて数を少なくするのです。
                                              開花するには梨の木にすごく負担がかかります。エネルギーを消耗するのです。

                                              また、その後の受粉や摘果にも手間がかかります。これらの負担を少しでも軽くするために今の状態の時期に制限しておくのです。

                                              結果的に木の負担や作業の効率化に繋がりますが、今後の霜被害などになるリスクを忘れてはいけません。

                                              これから摘蕾、花粉用の新興梨の花つみ、人工受粉、消毒と仕事が詰まってきて猫の手もかりたくなりますが、その前の嵐の前の静けさでしょう。
                                              今現在は。



                                              薬剤散布を実施しました

                                              0
                                                今日は梨の蕾も膨らんできたので一回目の消毒作業をしました。
                                                梨栽培は病害虫防除をしなければまともな商品を作ることができません。
                                                数ある果樹栽培の中でも梨栽培は難易度が高いのです。


                                                幸水状況


                                                豊水状況。

                                                一回目の防除は蕾がこのような状態で行います。

                                                開始時間5時半 終了時間11時
                                                風はなく穏やか。




                                                散布薬剤
                                                でランフロアブル 1000倍。

                                                久々の早起きとスピードスプレーヤを運転してぶっ通しで6時間運転したので結構疲れた。

                                                風もなかったので順調に仕事ができたと思う。
                                                ただ疲れたので昼寝した。

                                                豊水梨の花芽状況

                                                0
                                                  160329_1626~01.jpg
                                                  今日はそこそこ暖かい気温で運搬車やスプレーヤの錆びたところをペンキで塗ったりした。

                                                  さて、梨園の状況を写真に撮ったがこの携帯がボロすぎてよく写っていない。

                                                  私はいまだにガラケーだし、古い機種を使っているのでもともと写りのよくないカメラだが、最近一段と写りが悪くなってきたと思う。

                                                  新しいガラケーを探さなくてはと思う。

                                                  豊水梨の花芽を写真に撮ったが蕾が膨らみはじけそうな状況になってきた。幸水梨より少し早いのでこのような状態になっている。


                                                  夕方は曇ってきた。これからは消毒も始まってくるので、天気は日々きになるものになってくる。

                                                  開花にむけて、気持ちがあわただしくなってきた。

                                                  幸水梨 花芽状況

                                                  0
                                                    今日は予想よりは天気が良かったですが、ちょっと肌寒い日ではありました。

                                                    予報では今後気温も高くなってくるようです。


                                                    幸水梨の花芽。
                                                    日に日に蕾が膨らんでいます。
                                                    梨の木も眠りから覚めて開花に向っています。

                                                    桜も開花しているようですが、本日水戸でも開花したようです。




                                                    子供の空手の試合に行ってきた

                                                    0


                                                      今日は子供たちの空手の大会に行ってきました。
                                                      年に2回の大会で久々に参加してきました。県西の大会ということもあり、三和や大和、石下、下妻、笠間など広い範囲からの参加でした。








                                                      大宝保育園 卒園式

                                                      0
                                                        今日は保育園の卒園式に行ってきました。2歳から通っていたので五年間のあいだお世話になっていました。私自身もここの保育園を卒園したので親子共々お世話になり、本当に良かったなと思いました。



                                                        卒園式の練習をしている時、次男は泣いてしまったそうです。保育園が好きでとても楽しく行っていたのでお別れがとても寂しかったのです。

                                                        先生に感受性が豊ですね。と言われ本当そうだなと思いました。自分がこのくらいの時はそんなかんじにはならなかっただろうなと感じました。

                                                        夜帰ってからも思い出して泣いたりしていました。






                                                        次男は思えば、まだ本当に小さい2歳からの入園だったのでまだかわいそうかなとかいろいろ思いましたがかえってどんな場所でも適応できる子に育ったかなと思います。

                                                        卒園式に参加してみて子供たちの声を聞いていて、《先生いままでありがとう。お友達、遊んでくれてありがとう。》と言っている子が多くて本当に感謝と寂しさとこれからの希望の雰囲気が溢れていました。




                                                        2018年の梨開花予想

                                                        0
                                                          この冬は暖冬だったのでとても暖かい冬となりました。暖かいと開花が早いと思われがちですが、梨が休眠から覚醒し開花するまでには一定の低温に遭遇してから、暖かい温度に反応する必要があります。

                                                          今年の場合は秋の気温も高かったことから休眠から覚醒する時期が遅れ、開花予想は遅めになっています。

                                                          去年はとても早かったので今年は少し余裕ができそうです。
                                                          また今後の気温によっても開花は前後します。


                                                          幸水梨 満開予想日 4月21日
                                                          開花始め 4月16日

                                                          梨畑の草刈り 総会資料作成

                                                          0
                                                            160323_1121~01.jpg
                                                            剪定作業を終了したので、草刈りを行っています。
                                                            久しぶりのトラクターの出番です。ロータリーから草刈り機に変更したので、取り付け方を昨日は苦戦しました。

                                                            いつものことなんだけれど、結構めんどくさい。めんどくさいというかやりにくい。

                                                            もっと簡単に取り外しできたらいいのに。

                                                            あとは青年部総会の資料作成などを行っていました。

                                                            剪定が終わってもなにかと細かいことが結構あります。

                                                            トラクターで畑をうなう

                                                            0
                                                              剪定作業も終了したので、じゃがいもを植えるために畑をうなった。

                                                              じゃがいもを植えるのは今頃の時期がいいらしく毎年3月の下旬ころに植えている。



                                                              calendar

                                                              S M T W T F S
                                                              1234567
                                                              891011121314
                                                              15161718192021
                                                              22232425262728
                                                              2930     
                                                              << November 2020 >>

                                                              selected entries

                                                              categories

                                                              archives

                                                              recent comment

                                                              links

                                                              profile

                                                              書いた記事数:509 最後に更新した日:2020/09/28

                                                              search this site.

                                                              others

                                                              mobile

                                                              qrcode

                                                              powered

                                                              無料ブログ作成サービス JUGEM