なし

0


    現在では幸水、豊水、二十世紀、新高の4品種だけで、収穫量の約9割を占めているが、いずれも19世紀後半〜20世紀前半に発見あるいは交配された品種。
    ナシの品種は、果皮の色から黄褐色の赤梨系と、淡黄緑色の青梨系に分けられるが、多くの品種は赤梨系で、青梨系の品種は二十世紀、八雲、菊水、新世紀、瑞秋(二十一世紀梨)など少数。この色の違いは、果皮のコルク層によるもので、青梨系の果皮はクチクラ層に覆われており黄緑色となるが、赤梨系の品種では初夏にコルク層が発達し褐色となる。

    幸水
    幸水(こうすい)は、赤梨系の早生種で、和なし生産の34%を占める最も生産量の多い品種。なし農林3号。
    農業技術研究所が1941年に菊水に早生幸蔵をかけあわせて作り、1959年に命名・発表された。早生種の中でも特に収穫時期が早く、8月中旬から下旬である。ただし収穫時期が短い。赤梨系だが中間色(中間赤梨)といい、若干黄緑色の地色が出る。酸味は少なく糖度が高い。果肉は柔らかく果汁も多い。早生種としては平均的な方だが、日持ちが短い。

    豊水
    豊水(ほうすい)は、赤梨系の中生種で、和なし生産の30%を占める生産量第2位の品種。なし農林8号。
    果樹試験場によって1954年に作られ、1972年に命名された。糖度が高いが、ほどよく酸味もある濃厚な味が特徴。幸水よりやや大きめで、果汁が多い。また、日持ちも幸水よりは長い。長らくリ-14号と八雲の交配種とされていたが、2003年に果樹研究所のDNA型鑑定によって幸水とイ-33の交配種であると発表された。

    新高
    新高(にいたか)は、赤梨系の晩生種で、和なし生産の11%を占める生産量第4位の品種である。
    菊地秋雄が東京府立園芸学校の玉川果樹園で天の川と今村秋を交配させて作った品種で、1927年に命名された。名前の由来は両品種の原産地である新潟県と高知県から。収穫時期は、10月中旬〜11月中旬。500g〜1kg程度の大型の品種で、果汁が多く、歯ごたえのある食感で、味は酸味が薄く甘い。洋なしほどではないが芳香もある。日持ちが良い。

    新興
    新興(しんこう)は、赤梨系の晩生種で、生産量は新高に次ぐ5位。
    1941年、新潟県農事試験場で二十世紀と今村秋をかけあわせて作られた。収穫時期は10月上旬から下旬。やや大きめの品種で、日持ちが良く、味なども良い。


    剪定前と剪定後

    0



      写真のとうり剪定前は枝が伸び放題。

      これをすっきりさせたのが2枚目。

      剪定にはさまざまな流派がありやり方も人それぞれ。

      必要な枝を残し不必要な枝を切り落とす。

      これだけですが枝を切る位置、誘引する角度、

      残す枝の本数など細かいことによって差がでるのも剪定です。


      こんな道具です

      0




        剪定作業するのには、はさみやのこぎりカッターまで使います。

        カッターは何に使うのか?

        カッターは枝を倒し棚にしばるときに枝に切り込みをいれるためです。

        でないと、太い枝は折れてしまうんです。せっかく誘引しようとしているのに

        折れたら一大事・・・・・・・・・・

        あとはビニールのひもで誘引します。

        絵筆はなにに使うのか?

        絵筆は切り落とした枝に薬をぬるときに使います。

        きりっぱなしではなくきちんと枝に薬をぬります。

        でないと病気がはいってしまうんです。ドウ枯れ病とかです。


        こんな道具です

        0




          剪定作業するのには、はさみやのこぎりカッターまで使います。

          カッターは何に使うのか?

          カッターは枝を倒し棚にしばるときに枝に切り込みをいれるためです。

          でないと、太い枝は折れてしまうんです。せっかく誘引しようとしているのに

          折れたら一大事・・・・・・・・・・

          あとはビニールのひもで誘引します。

          絵筆はなにに使うのか?

          絵筆は切り落とした枝に薬をぬるときに使います。

          きりっぱなしではなくきちんと枝に薬をぬります。

          でないと病気がはいってしまうんです。ドウ枯れ病とかです。


          春一番?

          0

            今日は雨だったが九州から関東にかけて春一番がふいたらしい。
            去年よりだいぶはやいらしい。

            雪崩が起きたというニュースも見た。例年だと3,4月に雪崩が起きるらしい。
            気温がたかいせいか雪解けが始まっているのか?

            先週の土曜にはかなり強い雨とカミナリが夜の9時頃突然起きた。
            雨の降り方は夏のかんじに似ていた。

            今日はバレンタインだがあんまり関係ないな


            まだまだ剪定

            0



              今年は枝が全体的に先細りなきがする


              1月23日

              0



                剪定作業の様子です。
                1日に2,3本剪定します。
                のこぎりや鋏を使います。
                切り口にはトップジンをぬり病気になることを
                ふせぎます。


                19日

                0

                  1月19日
                  1月も半分以上過ぎた。
                  早いね。今年は何か新しいことをはじめたいと思う。
                  今思うのは何かしたいということだ


                  マンマ

                  0


                    最近絵本がとても好きで、読んで読んでといわんばかりに
                    本を持ってくる。読んであげてもすぐに飽きてどっかいってしまう。

                    最近はパパ、チッチ、バイバイ、アッチ、モンモ、ブッブーなどしゃべる。

                    何日か前からなぜかニンジンと言うようになった。ダイコンのこともニンジンという。

                    周りに人がいるとわざと調子に乗る。後ろに体重かけて寝ようとする。


                    0

                      今日は寒かった。
                      小雨も降っていたので、足が冷たくなってきた。
                      去年は長靴の中にカイロ入れて仕事するくらい寒かったが、今年はホッカイロ1回
                      も使っていない。それくらい今年は暖かい。去年の今ころは寒くて何回も畑で腹痛くなったが
                      今年はそのようなことはない。

                      毎日一日中畑にいると気温の変化が敏感に感じられてくる。大体は午前中より午後の方が風が強く
                      午前中に無風でも午後から風がでてくることが多い。

                      3時を過ぎると気温が下がり始めるが今日は結構寒かった。
                      ほんとに今年はあったかいと感じる。夕方の長靴の中があまりつめたくならないからだ。

                      去年は何回もストーブの灯油をかえたが今年はまだ1回しかかえてない。

                      あまりストーブ使ってない。結構平気だからだ。

                      ショッピングセンターとかはなか暑すぎるようなきがする。なんでそこまで暑くするんだ?というほど
                      暑くて頭がボーとしてくる。

                      半そででいられるくらいだ。毎日外にいるとだいぶ寒さには強くなる。



                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      書いた記事数:474 最後に更新した日:2019/07/11

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM